神戸のウエディングなら当サイトにお任せ!

素敵な和装結婚式を

このサイトでは、和装ウェディングについての情報をご紹介しています。
日本らしい結婚式ができる新婦の白無垢の魅力や、購入することなくレンタルできる和風の衣装、白無垢や色打掛に似合う髪型に関しても触れています。
さらに着物に似合う小物についても紹介しているなど、日本らしい結婚式をしたい新郎新婦に役立つ情報を扱っているサイトです。
これから神前式をしようと考えているときには、チェックしておくことをおすすめします。

和装ウェディングの良さ

和装ウェディングの良さ どのようなスタイルで結婚式をしようかと迷っている新郎新婦もいるでしょう。
ウェディングドレスを着る洋風の結婚式も良いですが、日本古来の伝統的な衣装を着て結婚式をする和装ウェディングも近年再注目を集めているスタイルです。
和装の場合には、新郎は紋付き袴を着用しますが、新婦は白無垢や色打掛、引き振袖を着用するのが一般的で、特に白無垢と色打掛は選ばれることが多くあります。
白無垢は頭から足元まで白い衣装に身を包むもので、色打掛は鮮やかな色や華やかな模様が魅力の衣装です。
これらを着ておこなう和装のウェディングには、日本らしい奥ゆかしさが感じられるのが良いところです。
紋付き袴を着た新郎も、男らしく頼もしい雰囲気になります。

ウェディングにおける和装でのポイントがあります

ウェディングにおける和装でのポイントがあります ウェディングにはいくつかスタイルがあり、教会や神前式、人前式や仏前などがあります。
教会の場合新婦は純白のウェディングドレスを着るルールになっていますが、残りの挙式は和装を着ることが可能です。
例えば神前式の場合、日本の伝統的な神道に則った挙式で、大正天皇のご婚儀が紀元になっています。
神様が二人の永遠の愛や両家の縁を誓ったり、神職と巫女が両家を結びつける古くからある儀式です。
日本古来からの儀式として近年人気が高まっています。
神前式での衣裳は神聖な色になっている白で揃えた白無垢が格式高い衣裳になっています。
色打掛も神前式で着ることができ、必ずしも神社ではなくホテルや式場にある神殿で行うことが可能です。
人前式は神仏ではなく式に列席するゲストに向けて、結婚の誓いを立てるスタイルです。
宗教と無関係なことがポイントで、二人の宗教的背景にこだわることがありません。
好きなように場所や演出を決めることができ、好きな衣裳を利用することが可能です。
人前式の場合チャペルで和服を着用することができ、気軽に取り入れることができます。
人前式ができる式場の場合、チャペルを和風に演出してくれたり、式場と相談することができます。
仏前式も和装を着用することができ、仏前式は二人の結婚は前世からの因縁で、先祖の慈悲によるという仏教の教えがベースです。
仏様やご先祖様に向けて二人の因縁や感謝の気持ちなどを報告し、来世までの結び付きを誓います。
新郎か新婦の宗派の寺だったり、どちらかの自宅で行うことも可能です。
一般的には原則和装になっていて、白無垢や羽織袴が基本になります。

神戸のウエディングについてはコチラもチェック

噂の神戸でウェディング

新着情報

◎2020/8/7

和装に合う髪型
の情報を更新しました。

◎2020/06/30

サイト公開しました

「ウエディング 良さ」
に関連するツイート
Twitter